技術情報

一般機械部品から航空機部品まで幅広い製品を作り続けています

明和機工は航空機部品、防衛製品、治工具、ステンレスドラム用口金など幅広い製品を作り続けています。
当社では最新の設備に加え、創立79年の実績があり、大手企業を中心に安定した取引を行っています。それに加え航空宇宙・防衛産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格のJISQ9100を取得しております。

複雑で大型な部品加工に対応

門型5軸マシニングセンターを使用し、複雑で大型の部品加工を行っています。尚、テーブルは最大で6000×2000のものを所有しており他社では難しいとされる大型のワークにも対応しております。
加工機を設置している棟には空調設備を完備し、工場建屋そのものを恒温室化しており、精度要求の高い加工に対応可能。
治工具の設計製作、5軸加工機を十分に生かしたプログラミングも、豊富な経験と技術を持っております。

品質保証

当社は、航空、宇宙、防衛用の機械加工金属部品の品証システムである「JIS Q9100:2009」を平成22年に取得し、品質保証のシステムとして使用しています。
3次元測定器を使い、機上計測→プログラムの修正→修正加工→計測をシームレスに行い迅速で正確な加工を実現しています。
航空機部品のような精密な部品の加工を行う上で正確な検査は必要不可欠であり、正確な検査を行っているからこそお客様からの信頼も得ることが出来ます。
FAROアームの導入事例として2011年7月25日にファロージャパン株式会社に掲載されました。

→FARO掲載ページはこちら

エンジニアリング部門

当社では客先に合わせて装置やドラム缶の口金の設計や製作も行っております。
お客様の要望に合わせて細かな設計変更や仕様変更を社内で行うことだけでなく

設計加工組立調整据え付け
までを社内で一貫して行うことも可能です。

正式な図面がなく打合せからでも対応可能ですのでお気軽にご相談ください。

→エンジニアリング製品掲載ページはこちら

設備紹介ページはこちら